読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるぐらし

ゆる~く暮らしていく。

金沢駅で買えるかわいい和菓子「諸江屋の花うさぎ」。半沢直樹にも出ていたお土産!

早いもので、北陸新幹線が開通して2年がたちました。
先日、金沢駅で行われた記念セレモニーでは、地元の幼稚園の子どもたちが「ハッピーバースデー」を歌ってくれたそうです。ほほえましいですね(^^)

さて今日は、そんな金沢駅でも買うことができるかわいい和菓子をご紹介します。
以前の記事では「わり氷」という和菓子についてお話ししましたが、今回は落雁(らくがん)です。

落雁って、こんなにかわいい形のものもあるんですよ~。
お値段もお手ごろなので、ちょっとしたお土産にもおすすめです。

 

f:id:odaruka:20170315230801j:plain

巾着型の箱に入っています。和ですね~。巾着型のほかに、千代箱入りもあります。左の箱がプレーンな花うさぎ(箱の色は緑・赤・紫の3種類)、右の赤い箱が後述するココア味です。

中身は・・・

f:id:odaruka:20170315230907j:plain

梅の花形の落雁~!

この落雁は、金沢の老舗・諸江屋(もろえや)さんの「花うさぎ」という名前。

じつはこのお菓子、ドラマ「半沢直樹」にも出ていました(このドラマ、流行りましたね~)。主人公の妻・花が持ってきた金沢土産の中に、この花うさぎもあったんです。ドラマに出ていた花うさぎは、千代箱入りのものです。

なにがうさぎなのかというと、薄い和紙で包まれた落雁の形。

f:id:odaruka:20170315230936j:plain
この姿がうさぎに似ていることが「花うさぎ」と呼ばれる理由です。

f:id:odaruka:20170315231320j:plain

小さくてキュート♪ ひとくちでパクっといけちゃうサイズです。

f:id:odaruka:20170315231016j:plain

1箱に15個(ピンク・緑・白、各5個ずつ)入っていました。

食べてみると、口のなかでホロリととろけます
ラムネよりも粒子が細かく、なめているとゆっくり溶けていく感じ。上品な甘さです。落雁って、ちょっと味が薄いイメージがありましたが、これはおいしいです。

 

f:id:odaruka:20170315231136j:plain

ちなみに同じシリーズでココア味*1もあります。

こちらは1箱12個入り。
f:id:odaruka:20170315231047j:plain
優しくあっさりとしたココア味。チョコレートとはまた違った味わいです。わたしは昨年のバレンタインに、家族へプレゼントしました(^^)


どこで買えるの?

本店はもちろん、金沢駅でも買うことができます。

金沢駅構内の「あんと」というお土産フロアの真ん中のほうに「諸江屋」という看板が出ているので、そちらで販売しています。わたしがお邪魔したときは、花うさぎの試食もできました♪

ほかにも、いろいろと買える場所アリです。
高速道路の一部のサービスエリアや小松空港に加え、東京・横浜・大阪の百貨店でも取り扱っているところがあります。詳しくは下記のリンク先(公式HP)をごらんくださいね。

店舗のご案内 -- 落雁 諸江屋

ネットショップもやっていますよ~。

創業嘉永二年 金沢・落雁諸江屋ネットショップ

 

さいごに

 見た目がかわいく、上品なお味の落雁です。
巾着型パッケージの花うさぎは400円+税と、お手頃価格なので、気軽なお土産にもおすすめですよ~。
金沢にいらっしゃることがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね(^^)

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

【こんな記事もあります】

odaruka.hatenablog.com

*1:正式名称は「花うさぎ」ではなく「La・KuGaN(ココア)」です。