読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かるぐらし

ゆる~く暮らしていく。

常備菜、やめました!作り置きせずごはん作りを時短・簡単にする方法を考えたい。

うちのごはん かるの頭の中

f:id:odaruka:20170313203253j:plain

年が明ける前からになりますが、ずっと考えていたことがあります。

常備菜、わたしなりに作ってたけど、このまま作っていくべきなのかな・・・と。

常備菜を作っておけば、平日の料理はラクになるし。野菜も取れるし。
でも、やっぱり、しんどいなぁ、と感じることもある・・・。

悩んだ結果、毎週の常備菜づくりはやめることにしました。

 考えはじめたきっかけは、こりのろっささんのブログを読んだことでした。

【働きながら子育てするお母さんへ】常備菜を作らないという生活の提案 - ベランダでみる夢は

わたしは働くお母さんではありませんが、毎日のごはん作りを見つめなおすいい機会になりました。ありがとうございました。

 

常備菜作りをやめた理由

料理はもともと好きなほうです。なので、料理が嫌いという理由ではなく。
常備菜を作っていて、精神的にも、身体的にも「ちょっとつらいなぁ」と感じることがあったためです。

 

食べきらなくてはいけないプレッシャー

作っていたころは、常備菜を食べきること」が目標のひとつでした
目標・・・ということは、実際食べきれていないことが多かったんですね。汗

 

上手にアレンジしたり、おしゃれに盛り付けしたり、うまく食べられる方がうらやましかったです。
わたしはなかなかそういったことができないので、うまく消費していくことができませんでした。

 

そのうち、食べきらなくてはいけない、とだんだんプレッシャーになっていきました。

 

常備菜作りは時間がかかる

常備菜を作るのには時間がかかります。わたしの場合、1週間分を作るのに、だいたい2~3時間くらい。
ネットやインスタグラムを眺めていても、何時間もかけて作っている方が多いように感じます。

休日、2~3時間あれば何ができるでしょう?

また、長い時間、同じ場所で立ち続けていると、腰に負担がかかって痛いのです。
そういえば、前の仕事(立ち仕事)を辞めたのも、腰を痛めたのが理由でした。

退職する理由とそこから学んだこと。がんばりすぎない自分になる! - かるぐらし

 

常備菜を作るメリットももちろんあります

f:id:odaruka:20170313203323j:plain

常備菜を作っていてよかったこともあります。

  • 野菜を簡単にとることができる
  • 平日のごはん・お弁当づくりがラクになる
  • メニューを考える手間がすこし省ける

ごはんを炊く+メインを一品作るだけで、ごはんのメニューが決まるので、平日のごはんづくりがラクになります。
また、お弁当を作るときにも、常備菜をささっと詰めるだけでいいので重宝しました。

 

 さいごに

常備菜づくりを否定しているわけではありません。むしろ、毎週作り置きして、上手に利用できている方は素晴らしいし、うらやましい。

わたしはむしろ、便利さを求めるよりも、常備菜への憧れの気持ちから作っていたのかもしれません。

これからは、自分の軸で、暮らしを見つめていければと思います。
無理に作り置きせず、ごはん作りを時短に、簡単にできる方法を考えていきたいです。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます!